ManfrottoのPIXI EVOを初の三脚として購入してみた

未分類

こんにちわ。

三脚って色々なものがありますよね。

私はカメラ初心者ということもあり三脚を持っていなかったのですが、思いがけず出かけた際にちょっとした記念撮影があり、この時三脚があったらな〜と思うことがありました。

普段からかばん等で気軽に持ち運べるサイズが良いと思いミニ三脚で定番のManfrott PIXI EVOを購入してみました。

Manfrotto PIXI EVOはこんな感じで届いた〜開封と簡単なレビュー

Manfrottoのミニ三脚にはPIXIとPIXI EVOがありますが今回購入したPIXI EVOです。こんな感じのプラスチックなパッケージに入っていました。

パッケージ背面にスペック。

この中でも特に、

  • 耐荷重2.5kg(PIXIでは1kg)
  • 開閉角度2段階
  • 脚の長さ5段階調整
  • 縦位置撮影可能

上記の機能は兄弟機のPIXIでは搭載されておらず、と比べても便利だと感じるPIXI EVOの優れた点です。

パッケージから取り出すとマットな質感の本体が登場。

よく購入した人の意見などを見ていると安っぽいと聞きますが、確かに高級感はない。ただ、個人的には十分な感じ。この雲台にある回転式ホイールを回してカメラを固定。

Manfrottoマークの部分を回す事によって雲台の動きをロックしたり解除したりします。

背面にあるスイッチを切り替える事により開閉角度を2段階に変更可能。

カメラをのせてみました。使用カメラはミラーレス一眼で、中でも比較的軽量のタイプ。本体とレンズで500g程度で、PIXI EVOは耐荷重2.5kgのまだまだ余裕があります。

RX100M3をセットしてみました。液晶が正面まで可動できるタイプ(バリアングル)なので当初の購入目的の記念撮影などにも使えます。こうしてみるとなんだかYouTuberにも便利そうですが、実際にYouTube撮影をされる方の利用者は多い製品です。

まだ使い始めたばかりですが、特に不満もなく満足しています。

タイトルとURLをコピーしました